ほくろってそもそも何? | もう悩まない!! 最新の除去法で痛まず腫れず、ほくろ除去!!

ほくろってそもそも何?

薬を飲もうとしている人の手

ほくろ除去のお話をする前に、一つ疑問に思うことでしょう。
そもそもほくろってなぜ出来るのでしょうか。
ほくろはどんなものでできているのでしょうか。
肌はメラニンという茶色っぽい色素を含んでいます。そのため、人間の肌は真っ白ではなくうすく橙色になっているのです。
このメラニンが濃いと橙色がもっと黒っぽく、茶色に近づきます。薄いほど白くなっていきます。
たとえばアルビノ、と呼ばれる遺伝子疾患の人は、先天的にメラニンが欠損しているため真っ白な姿で生まれてきます。
このように、人間の「色」に関係するのがメラニンです。髪の毛にもメラニンが含まれています。メラニンが少ないほど髪の毛の色は薄くなります。
そのメラニンが、一か所に固まってしまうことがあります。その理由はあまりわかっていないのですが、この塊が「ほくろ」ということになります。
またメラニンが皮膚表面にとどまり色素が定着すると、シミとよばれるものになります。これらは兄弟のようなものです。
ほくろは一説によると、シミと同じく紫外線による影響とも言われていますが、ともかく潰したりして無くなるものではありません。
人によっては本当に、予期せぬところにほくろができてしまいます。
ですので、一生付き合っていくか、そうでなければほくろ除去を行いましょう。